2500cレベルワインダー改造

下書きに2ヶ月以上放置!!
こちらも、吐き出します。。

クソ軽いミノーやスプーンを遠投したい、、そんな欲望を抑えきれずに発進してしまった2500cカリカリチューン計画。

そんな中Availさんからウルトラライトレベルワインダーってのが発売されてました。

遠投する時にレベルワインダーが左右に動く時の慣性で結構なショックがあって、それだけのショックがあるって事は、、結構な抵抗になっているんじゃないかって事で、レベルワインダー本体を肉抜きや削り入れて軽量化している方をよく見ます。

ただ、、いかにもな感じで僕はチョット好きじゃなかったのでノーマル状態で使っていました。
そこで今回発売された、ウルトラライトレベルワインダー!!
本体がアルミ、ラインガイド部分がチタンみたいでチョー軽い!
ついでに、ウォムポールのキャップ部分もアルミでチョー軽い!
さらについでに、ウォムポールも千鳥屋さんのチェックメイトに変更してアルミなのでクソ軽くなっています。

もうね、ウォムポール変えた時にかなりショックなくなってスムーズになったの実感できたのですが、ここまでやったらもうスッカスカでビンビンではないかと、、

img_6986

ちなみに、僕が買ったころは、カラーがブラックとガンメタ敷かなかったですが、現在は金とかノーマルっぽいメッキ?とかもあるようです。

本当はノーマルっぽくしたかったのでメッキが良かったな、、、

ぶっちゃけ、普通に釣りするレベルならノーマルレベルワインダーでも十分飛ぶのですが、川幅1km近くあるような加工でブラウニー投げたりしてるので若干でも飛んだらいいなと。

飛んだところで意味ないとは思うけど。

img_6987

といわけで組んだ感じはこんな感じでガンメタでも割とノーマルっぽい見栄えです。
でもやっぱクロムメッキ調がいいな、、

ちなみにハンドルはラッティーツイスター高井さんところのstoneheadです。

高井さんが言っていたのですがこのノブ、アルミの削り出しだけど、純正の樹脂ノブのような質感になるようにかなりこだわったモノのようです。
すごく純正っぽいですが、純正に比べて物凄くしっかりしていて高級感のあるハンドルでめちゃオススメです。

見た目ほとんど変わってないけど、むっちゃ満足。

またそのうち使い心地書きまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です