2500c Avail ウルトラライトレベルワインダーその後

全然ブログかかないっすね笑

以前つけたウルトラライトレベルワインダーの使い心地についてですが、ムッチャクチャ軽い、、、

キャスト時のレベルワインダーのショックが正直全く感じないレベルの軽やかさ。ウォムポールも軽いのに変えて有るのもあるんでしょうが、これは中々良いものでした。

というわけで2017年サツキマスはこのセッティングで決まりです。

2500cレベルワインダー改造

下書きに2ヶ月以上放置!!
こちらも、吐き出します。。

クソ軽いミノーやスプーンを遠投したい、、そんな欲望を抑えきれずに発進してしまった2500cカリカリチューン計画。

そんな中Availさんからウルトラライトレベルワインダーってのが発売されてました。

遠投する時にレベルワインダーが左右に動く時の慣性で結構なショックがあって、それだけのショックがあるって事は、、結構な抵抗になっているんじゃないかって事で、レベルワインダー本体を肉抜きや削り入れて軽量化している方をよく見ます。

ただ、、いかにもな感じで僕はチョット好きじゃなかったのでノーマル状態で使っていました。
そこで今回発売された、ウルトラライトレベルワインダー!!
本体がアルミ、ラインガイド部分がチタンみたいでチョー軽い!
ついでに、ウォムポールのキャップ部分もアルミでチョー軽い!
さらについでに、ウォムポールも千鳥屋さんのチェックメイトに変更してアルミなのでクソ軽くなっています。

もうね、ウォムポール変えた時にかなりショックなくなってスムーズになったの実感できたのですが、ここまでやったらもうスッカスカでビンビンではないかと、、

img_6986

ちなみに、僕が買ったころは、カラーがブラックとガンメタ敷かなかったですが、現在は金とかノーマルっぽいメッキ?とかもあるようです。

本当はノーマルっぽくしたかったのでメッキが良かったな、、、

ぶっちゃけ、普通に釣りするレベルならノーマルレベルワインダーでも十分飛ぶのですが、川幅1km近くあるような加工でブラウニー投げたりしてるので若干でも飛んだらいいなと。

飛んだところで意味ないとは思うけど。

img_6987

といわけで組んだ感じはこんな感じでガンメタでも割とノーマルっぽい見栄えです。
でもやっぱクロムメッキ調がいいな、、

ちなみにハンドルはラッティーツイスター高井さんところのstoneheadです。

高井さんが言っていたのですがこのノブ、アルミの削り出しだけど、純正の樹脂ノブのような質感になるようにかなりこだわったモノのようです。
すごく純正っぽいですが、純正に比べて物凄くしっかりしていて高級感のあるハンドルでめちゃオススメです。

見た目ほとんど変わってないけど、むっちゃ満足。

またそのうち使い心地書きまーす。

初めてのスーパーGT観戦

下書きに1ヶ月放置
F1ももう終わったのに全く公開していなかったですが
ついに公開します。ドウデモイイケド

ひょんな事から、鈴鹿サーキットへsuzuka1000kmをみに行ってきました。

以前働いていたデザイン事務所のチーフから突然電話があり、週末に鈴鹿のレース見に行かない?って
ちなみにこの時点で金曜日の夕方だったと思いますw
急すぎw

で、聞いてみるとスーパーGTだと。

って言われても全然スーパーGT知らないのでなんとなくNSXとかGT-Rが走ってるぐらいしか認識なかったけど、鈴鹿サーキットで行われるちゃんとしたレースをちゃんと見る機会に恵まれたので土曜の予選から見に行く事に!

で、当日。
好きな人なら朝から大興奮で行くんでしょうけどーあんまり気合が入ってなかったため昼からみに行く事に。
待ち合わせの場所についてチーフからチケットとピットパスを受け取り、GTについての話しを聞き、コンビニにより、チーフはビールを購入wこの人、昔から全然変わってません。事務所でもよく酒のんでました。

サーキットに着く頃にはそのビールも飲みきってしまっていました笑。

遊園地のゲートでチケットを見せて、サーキット内に侵入すると、、そう、そのチーフが製作したであろう仕事がwバナーやら、ポスターやら立体やらあるわあるわwまあそういう事です。

そのままピット方面に歩いていくのですが、、戻ってくる人がむちゃくちゃ多い、、そうピットウォーク終わってしまって、ピットウォーク終えた人たちがドンドン戻ってきてしまっていた。
そうGTって言えば本気のピットも観れるそういうのもあったんだった。観たかった。

でも一応裏手からピットを観察する事はできて、スペアのタイヤやら忙しそうなメカさんや、そして綺麗なお姉さん達がたくさんいてメチャテンション上がりましたw

そして本題のコース見学!
鈴鹿サーキットのコースってピットパスがあるとインフィールド側からコースを見る事ができるようになっていて、1コーナーとかなんかはフェンスもないのでメチャ迫力があるし、減速側と加速の両方を観れて中々良かった!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA